鶯谷に限ったことではありませんが、東京では山手線沿線の一部の地域で人妻系風俗店が活躍している傾向が強いです。どこからともなく集まり当たり前のような状況となっていますが、大塚~上野あたりのエリアの山手線の駅周辺に点在している風俗店に関しては多くが人妻風俗店となっています。逆方向の渋谷方面となると一転して高級志向のギャル系店舗などが増えています。風俗の業界としては棲み分けが出来ている状況でもあり、それぞれの地域の特色が出ていると考えてしまうと良いかもしれません。鶯谷の場合はラブホテルなども多く、デリヘルが活躍出来る場が多いと考えられています。その他の人妻店が多いエリアはどちらかというとファッションヘルスのような路面店が多そうです。鶯谷は本来であれば山手線のなかでも殆ど特色が無く何もありません。特色がないからこそ色合いが出しづらくデリヘル店のようなお店が活躍しやすいのでしょう。高級店から激安店まで幅広く存在している状況です。こうなると、意外に一般のデリヘル店(一般的な価格で年齢層も若め)には負けてしまいそうな気がしますが、そうでもないのが現状です。人妻店がそこにあるから選択肢の一つになるということではなく、人妻店を求めている利用者が非常に多いのです。その多くの方々が楽しみやすい場として利用しているのが鶯谷なのでしょう。また、風俗を利用する人にとっても鶯谷は利用しやすいイメージがあります。理由は、鶯谷は非常に小規模なエリアであり、そこを半分に隔てるようにJRが通っています。南側は公園や公共施設がほとんどであり、大学などが多く存在しています。普段は人が非常に溢れかえっている場となっていますが、何もなければ夜にはパタリと人がいなくなってしまう寂しい場所です。JRを隔てて北側にはラブホテルくらいしか存在していません。10~15ほどのラブホテルが密集しており都心の上野の近くとは思えないほどの異質な雰囲気が漂っています。こういった場は通常であればなかなか存在しないものにはなりますが、人が寄りつくような学校等の公共施設もあまりなかったことが理由なのでしょう。何にしても非常に風俗ライフを楽しむ場としては条件が揃いすぎているが故にいつしか人気になっていったと考えられます。人妻店だけが存在するエリアではありませんが、鶯谷=人妻となってしまったのもこのような自然な流れがあったのかもしれません。

鶯谷 人妻【華恋人~カレント】

風俗で遊ぶ時にはホームページやポータルサイトなど、風俗店や女の子に関するじょうほうをしっかりと集めるのは当たり前のことで、わざわざ強調するような話ではないんですけど、遊ぶホテルに関してもちゃんと調べる…>>続きを読む

風俗は勉強することも大切だなって思っています。「勉強」という言葉を使うと何やら大袈裟なものに聞こえてしまうかもしれないんですけど、ちょっと調べるだけでも立派な「勉強」なんじゃないですかね(笑。くちこみ…>>続きを読む